Vラインの黒ずみにも注意をしましょう



 キレイモの施術は全身すべてを安全に施術することができます。その秘密は施術前にお肌に塗るジェルにあります。
キレイモでは施術前にお肌に良いとされる美容成分の入ったジェルでお肌を保護しながら脱毛をすることができるのです。
そのため、非常に安全に施術を行うことができますが、それ以前の段階で施術を受けられない状態のお肌があるというのはご存知でしょうか?
そんな脱毛が出来ないとされるケースの一例をあげてみたいと思います。

Vラインの黒ずみにも注意をしましょう

1.お肌が日焼けしていると脱毛が出来ない

2.ホクロの上も危険です。

3.Vラインの黒ずみにも注意が必要

1.お肌が日焼けしていると脱毛が出来ない

 これはおそらくほとんどの方がご存知ではないかと思いますが、日焼けをしてしまうと脱毛の施術を受けることが出来なくなってしまいます。
では、なぜ日焼けをすると脱毛が出来ないのかというと、それはフラッシュ脱毛の原理自体に問題があります。なぜなら脱毛機というのはお肌に光を当てるだけで脱毛が出来るものですが、その光に脱毛効果がないことはご存知でしたでしょうか?
光に脱毛成分があると思っている方が多いのですが、実はそのような効果があるわけではないのです。光を吸収したところで熱が発生して、その熱で脱毛をしているのです。
そのため、脱毛によくあるトラブルである「やけど」が発生してしまうのです。
では、熱はどこに発生するかというと、その熱は色の濃い部分や黒い部分に発生するのです。これは脱毛機の光だからというわけではなく、光というのは黒い色や濃い色の部分に吸収されやすい性質があるのです。
脱毛機の光とはいえ、この点について特殊な性質があるわけでもないのです。つまり、脱毛機が照射しているのは普通の光です。
ですが、光というのは集まると熱を発生します。たとえば、虫眼鏡で光を集めると黒い紙に火が付くという実験がありますが、光が集中して集まるとあれほどの熱が発生するのです。
ここで話を戻しますが、光というのは色が濃い部分や黒い部分で吸収されやすい性質があります。それは日焼けして褐色になったお肌でも同じことが言えるのです。
そのため、日焼けしたお肌に脱毛機の光を当ててしまうと肌の表面にも高熱が発生してしまい、やけどのトラブルが起きやすいのです。

2.ホクロの上も危険です。

 ホクロの上の脱毛も先ほどと同じ理由で脱毛が出来ません。ホクロは黒い色であるため、脱毛機からの光を吸収してしまうのです。しかも、黒い色の面積が狭いため光を集中して吸収してしまうため、日焼けよりも多くの光を吸収してしまい、やけどのトラブルになってしまうことがあるのです。
ですが、ほくろの場合には脱毛範囲内にホクロがあるからと言って脱毛が全くできないというわけではありません。ほくろは小さいためその部分を避けて脱毛をすることができます。
しかも、最近はほくろを白いシール状のもので貼ってかくして、その上から脱毛機の光当てていくのです、そうすることでほくろがある場所でも安全に脱毛をすることができます。
ですが、この方法も弱点があります。それはシールの下に隠れてしまっている毛に対して脱毛効果がないことです。あまりにもほくろが集中しているところを脱毛をしてしまうとまばらに毛が生えてしまうという結果にもなりかねません。
十分に注意しておきましょう。

3.Vラインの黒ずみにも注意が必要

 Vラインの黒ずみは実は脱毛にも影響してしまうことがあるのです。Vラインの黒ずみに悩む女性は十分に注意してください。
日焼けなどに比べて黒ずみは色こそ薄いですが、実はお肌の奥からメラニンが出てきているので、意外に危険があるのです。というのも脱毛の仕組みで光が黒い部分や色の濃い部分で吸収されるという話をしましたが、脱毛機がターゲットにしたいのは毛の色の元であるメラニンです。
そのため、メラニンに反応しやすい光を使用しています。そのため、お肌の奥のメラニンにも反応してしまうことがあるのです。
これはVラインだけではありません。同じく黒ずみができやすい両ワキなども十分な注意が必要です。